青汁でニキビや吹き出物は改善される?

体質改善や生活習慣病の予防など様々な健康効果が期待出来る青汁ですが、ニキビや吹き出物の改善に効果はあるのでしょうか?

答えは効果があります。 それでは青汁のどの様な成分がニキビや吹き出物の改善に効果があるのかを解説してゆきます。

ニキビや吹き出物の原因は、毛穴が詰まり、古い皮脂や老廃物が溜まってしまうために起こります。 十代の若い頃は皮脂の過剰な分泌が原因で毛穴が詰まることが多いため、洗顔をしっかりして肌を清潔に保てば改善されてゆくことが多いです。

しかし、大人になってからできるニキビや吹き出物は、古い肌と新しい肌がきれいに入れ替わることが出来ないターンオーバーの乱れにより古い角質が溜まり、毛穴を塞いでしまうために起こります。

ではこのターンオーバーの乱れの原因は何なのでしょうか? 睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れなどが挙げられます。

ホルモンバランスの乱れは睡眠不足と食生活の乱れを改善することで軽減される場合があります。 そして睡眠不足は時間の使い方を工夫することで改善出来るでしょう。

最後に食生活の乱れですが、多くの場合野菜不足が関係しています。 外食が多く自炊をする機会が少ないと、どうしても野菜が不足しがちな食生活になりがちです。 野菜が不足すると体の色々な箇所に不調が表れてきますが、肌も例外ではありません。

そこで沢山の野菜を食べることが出来ない多くの現代人に青汁が有効なのです。 青汁の主な原料である明日葉や大麦若葉、ケールは他の野菜と比べて栄養バランスがよく、肌の健康にも欠かせない栄養も含まれています。

特にビタミンB2は肌や粘膜の健康を維持する働きがあり正常な皮脂の分泌にも関係しています。 そしてビタミンB2の働きをサポートして皮膚や粘膜の健康に関わるビタミンB6も合わせて摂取するとより効果的です。

青汁にはこれらビタミンB群が含まれています。また食物繊維もニキビや吹き出物の改善に効果を発揮します。 青汁に含まれる不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を活発化して腸の機能を高め、栄養の吸収と不要なものの排出を促します。

そして水溶性食物繊維は脂質を吸着して排出する効果や、善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす効果がります。 結果として腸内環境が整い、栄養は効率よく吸収され、不要なものは速やかに排出される様になるので、肌のみならず体全体の健康に貢献してくれます。

この様に青汁にはニキビや吹き出物の改善に効果あります。ただし、薬の作用とは違い、即効性はありません。 しっかりと体の中から健康な状態に改善してゆくので効果が出るまである程度時間がかかります。

一ヶ月から三ヶ月は定期的に青汁を飲み続けて体質を変えてゆく必要があります。 その代り薬の様な副作用の心配もなく、ニキビや吹き出物の改善だけではなく、体全体の健康に効果が期待出来るのです。