朝の定番「青汁バナナヨーグルト」

朝食にバナナやヨーグルトを食べる方も多いのではないでしょうか? バナナやヨーグルトにはそれぞれ健康効果があります。 味もおいしく、入手しやすいために世界中で食べられています。

バナナはヨーグルトとも相性が良く、ヨーグルトにカットしたバナナをトッピングして食べる方も多くいます。

このバナナとヨーグルトの組み合わせに、さらに青汁を組み合わせたものが、「青汁バナナヨーグルト」です。 バナナやヨーグルトの健康効果にプラスして、青汁の健康効果も期待出来る優れた食べ物です。

バナナに含まれている栄養成分の特徴として、ブドウ糖やデンプン、果糖やショ糖がバランスよく含まれている点が挙げられます。 これらの糖類は体内で燃焼されてエネルギーに変換されるのですが、その燃焼速度が違うのです。

ブドウ糖や果糖、ショ糖は体内で速やかに燃焼してエネルギーになりますが、デンプンは時間をかけて少しずつエネルギーへ変換されてゆきます。 そのためすぐにエネルギーとして使える即効性のエネルギー源と、持久性のあるエネルギー源の両方の糖類をバナナから摂取することが出来るのです。

そしてバナナには、オリゴ糖やペクチンも含まれています。 これらの成分は腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きがあります。 その結果腸内環境を整える効果が期待出来ます。

そしてヨーグルトには善玉菌であるビフィズス菌が含まれているものもあり、このビフィズス菌入りのヨーグルトとバナナを同時に摂取することは、腸内環境を整えるためにとてもよい事といえます。

因みにヨーグルトに使用される乳酸菌の一種であるブルガリア菌は胃酸などの作用で死滅しますが、その死滅した菌体に腸内で善玉菌を増やす作用があります。 ビフィズス菌は腸内まで生きた状態で届き、善玉菌として整腸効果を発揮します。

さらに青汁にも整腸効果があります。 青汁に含まれている水溶性食物繊維は、腸内でバナナのオリゴ糖やペクチンと共に善玉菌のエサになり、善玉菌を増やして整腸効果を発揮します。

そして不溶性食物繊維には腸のぜん動運動を活発化して栄養の吸収と不要な成分などの排出を促してくれます。 この様に青汁、バナナ、ヨーグルトの腸によい効果を一度に得ることが出来る食べ物が、「青汁バナナヨーグルト」なのです。

作り方も簡単です。 100gのヨーグルトに青汁粉末スティック一袋を混ぜ、カットしたバナナをのせるだけで出来上がります。 青汁の味が強いと感じる場合はヨーグルトの量を増やして調整しましょう。

腸に良い効果があり、しかもおいしい青汁バナナヨーグルトをお試しください。