アトピーに対する青汁のデトックス効果

健康効果や美容効果など身体に良い効果がある青汁ですが、アレルギー体質の改善にも効果が認められています。 ここではアレルギー体質のひとつであるアトピーに対する青汁のデトックス効果について説明してゆきます。

アトピーとは「アトピー性皮膚炎」と呼ばれるアレルギー反応による過敏症のことです。 皮膚の炎症が起き、強いかゆみやかぶれの症状を発症します。

アトピーの原因はハウスダストやダニの他にも食品によって引き起こされ場合もあります。 またシャンプーや化粧品などの化成品も原因になる場合もあり、人により様々です。

アトピー性皮膚炎は近年増加傾向にあり、日本人の生活習慣の変化が関係しているともいわれています。 特に欧米化した食生活により、体内環境が悪くなってしまったこともアトピー患者を増やしている要因と考えられます。

食生活の欧米化とは肉類中心の食事で野菜が不足したもののことをいいます。 私たち日本人の体は腸が長く、野菜を多く摂る食生活に適しています。 そのため野菜不足の食生活では体の免疫力や機能に異常が表れてしまうことがあるのです。

アトピー患者の増加の理由の一つも、この食生活の変化が挙げられています。 大元の原因はダニやハウスダストなど外部の要因ですが、アレルゲンに対する体の抵抗力が弱まっていることも大きな原因の一つといえるのです。

青汁は植物性の栄養素を手軽に補給出来ることから、アトピーなどのアレルギー体質の改善に効果的です。 野菜不足になりがちな現代人の食生活を改善してアトピーの改善に役立ちます。

特にアトピーに対する青汁のデトックス効果がアトピー改善に効果的です。 青汁に含まれるクロロフィルにはデトックス効果があることが知られています。

クロロフィルは別名葉緑素と呼ばれ、植物が光合成をおこなう際に必要な緑色をした成分です。 このクロロフィルは体内に摂取すると老廃物やカドミウムなどの有害ミネラルを体外へ排出する作用があり、デトックス効果を発揮します。

アトピーの方は薬で症状を抑える場合がありますが、長年薬を使用していると、体内に不要な薬の成分が残留してしまうことがあります。 この残留した薬の成分を、老廃物など他の不要なものと共にクロロフィルが体外へ排出してくれるのです。

また青汁には肌や粘膜の健康に必要なビオチンも含まれています。 このビオチンという栄養素はかゆみを引き起こすヒスタミンという物質の生成を抑える働きもあります。

また水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサになり善玉菌を増やし、腸内環境を改善します。 不溶性食物繊維も腸を刺激して腸の働きを高めるので、栄養分の効果的な吸収や便の排出を促す効果があります。

青汁のこれらの栄養素のデトックス効果や整腸効果が相まって身体の免疫力を正常化し、アトピーに負けない体質を作る効果が期待出来るのです。