早朝に摂取したほうがよい理由

高い健康効果があり多くの人に飲まれている青汁。 不足しがちな植物性の栄養素を手軽に摂取出来るために人気があります。

皆さんは青汁を飲む際に、青汁を飲む時間を気にしたことはあるでしょうか? 実は青汁は飲む時間帯によって体に及ぼす効果が変わってくるのです。

今回は青汁を飲むおすすめの時間帯である早朝に青汁を飲むと得られる効果についてお知らせします。

早朝、私たちは眠りから目覚めてすぐなので体は水分が不足しています。 睡眠中の発汗によって水分が失われてゆくからです。

そのため朝目が覚めると、のどの渇きや唾液が出にくい感覚を感じると思います。 その状態の体は水分を欲しがっていますので、青汁を飲むと速やかに体に吸収され、効率よく水分を補給出来るのです。 もちろん水分補給には青汁以外にも水や経口補水液、スポーツドリンク等でも可能です。

しかし朝の体はエネルギーの補給も必要としています。 睡眠中も体は活動していますし、平均で八時間以上食事をしていないことになるからです。

そのため青汁を早朝に飲むことは、青汁の持つビタミンやミネラル、食物繊維等の栄養素を補給することにもなり、水分補給だけではなく栄養補給にも効果的なのです。

食物繊維が腸の運動を活発にする働きもあり、体を目覚めさせる効果も期待出来ます。 朝食をとることが苦手な方も青汁を飲めば以上の様な効果を得ることが出来るのです。

ただし、朝の空腹時に冷たいものをいきなり飲むと胃に負担がかかる場合があります。 胃への負担が心配な場合は、少しずつ時間をかけて口に含んで慣らしながら飲むと良いでしょう。

またはぬるま湯や60℃以下のお湯で温かくして飲むとよいでしょう。 青汁には酵素が残されているものもあり、あまり熱いお湯で青汁粉末を溶かして飲むと酵素が損なわれてしまうからです。

因みにダイエット中の方にも早朝に青汁を摂取することはおすすめです。 食物繊維が水分を吸収して体内で膨らみますので、少ない量の青汁でも満腹感が得やすく、空腹感が軽減されます。 またダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルをしっかり補給出来るメリットもあります。

さらに青汁は低カロリーなので、ダイエット中の必要な栄養補給に最適です。一般的な青汁粉末スティック一袋3g~4gほどで大体6~13kcalほどしかありません。 カロリーを気にせずに必要な栄養素を摂取することが出来るのです。

その他ヨガなどの健康法で朝食を抜く健康法がありますが、これは胃の消化活動時間を減らせて休ませる意味があります。 この健康法を実践中に、どうしても空腹を感じる方は青汁を飲むことで空腹感が軽減し、液体ですので消化に必要なエネルギーも抑えることが出来ます。 青汁を早朝に摂取し、健康的に一日をスタートさせましょう。