青汁を飲むと臭いおならが出なくなる?

青汁には様々な健康効果がありますが、青汁を飲むと臭いおならが出なくなるという話があります。 本当でしょうか?

実は実際に青汁を飲むと臭いおならが出にくくなる効果があるのです。 そもそも臭いおならは何故出るのでしょうか?

それには食事と腸内細菌が関係しています。 腸内細菌には人間の体に悪い影響を及ぼす悪玉菌と、反対に良い影響を及ぼす善玉菌がいます。

そしてこの善玉菌と悪玉菌は好んでエサにするものが違います。 悪玉菌は脂質や肉類など動物性の食材を好みます。

反対に善玉菌は食物繊維やオリゴ糖などを含む植物性の食材を好むのです。 悪玉菌が好んでエサにする肉類や脂肪は悪玉菌に分解される過程で腐敗して悪臭とガスを発生させます。 これが臭いおならの原因になるのです。

腸内で食物が腐敗し、悪臭やガスを発生させている状態は腸内環境が悪い状態といえます。 この状態がさらに進むと便秘や下痢になりおならのにおいも臭いままになってしまいます。

臭いだけならまだしも、腐敗した食物や便には毒素も発生しています。 その毒素が体内に留まり続け、体に悪影響を及ぼすのです。

一方で腸内環境が良い人の場合、おならも臭くなくなります。 しっかりと善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を摂っている人の腸内は善玉菌が優位な状態になります。

そうすると腸内環境がよいため腸の働きが正常化されます。 消化吸収が速やかにされ、お通じも正常な状態になります。

青汁を飲んでいる人は、毎日善玉菌のエサになる水溶性食物繊維を摂り入れていることになります。

また不溶性食物繊維は腸の働きを高めて腸のぜん動運動を活発化します。 そのため腸内環境が良い人のおならは善玉菌による食物の発酵分解の結果発生するメタンや二酸化炭素などの無臭のものになります。

もちろんベジタリアンでない限り動物性の食品も食べることになりますので、100%無臭のおならになることはありませんが、青汁を飲むことで毎日植物性の栄養素を摂取することで善玉菌を活性化させ、おならの臭いを大きく抑えることが出来るのです。

ただし今まで便秘がちだったり腸内環境が荒れていた人が青汁を飲む始めると、腸内環境が良くなる過程でおならの回数が増える場合があります。 これは腸の働きや善玉菌の働きが活性化するために起こることですので仕方がないことです。

腸内環境が改善されると自然と収まりますし、おならのにおいも改善されることになります。 青汁を飲むことで腸内環境を良いものにして健康的な体を維持してゆきましょう。