グルコサミン配合の青汁の特徴

グルコサミンという成分をご存知でしょうか? グルコサミンとは軟骨を構成する成分のひとつで、軟骨の柔軟性や強度の維持に関わっている成分です。 カニやエビなど甲殻類の外皮を原料に生成されたり、山芋にも含まれています。

年を重ねると体内でこのグルコサミンの量が減ってきてしまいます。 そのため関節痛や軟骨の柔軟性や強度が失われてゆくのですが、積極的にグルコサミンを摂取することでその症状を軽減させることが出来ます。

青汁の中にはこのグルコサミン配合のものがあり、軟骨や関節の健康を守りたい方や関節痛を改善させたい方のとって嬉しい商品になっています。

このグルコサミン配合の青汁の特徴は、青汁だけでは摂取出来ないグルコサミンも同時に摂取出来るため、効率よく体内にグルコサミンを摂り入れることが出来ることにあります。

元々青汁には食物繊維が含まれていますが、食物繊維の効果のひとつに腸のぜん動運動を促進させて消化吸収を高める効果があります。

そのため青汁自体に含まれる他の栄養素であるビタミン類やミネラルなども効率よく吸収されるのですが、グルコサミン配合の青汁は同時にグルコサミンも青汁の食物繊維の効果で効率よく吸収することが出来ます。

そのためグルコサミン単体で摂取するよりも吸収率が高まり、グルコサミンの効果をより強く発揮できることになるのです。

グルコサミンは体内で加齢とともに減少しますので、日頃からの意識的な摂取が必要になります。 青汁も長く飲み続けることで健康維持や体質改善に効果を発揮する飲み物なので、青汁とグルコサミンの相性はよいといえます。

また、グルコサミン配合の青汁の中には、N-アセチルグルコサミンという種類のグルコサミンを配合した青汁もあります。

このN-アセチルグルコサミンは元々体内にあるグルコサミンと同じタイプの成分になります。 そのため体内での利用率が高く、他のグルコサミンの数倍の利用率を持つといわれています。

体内で関節の健康を守る働きをするグルコサミンを青汁と一緒に摂ることが出来るグルコサミン配合の青汁は加齢によって起こる関節痛の軽減や予防、スポーツ選手など関節を酷使する方におすすめの青汁です。