青汁に含まれるポリフェノール

ポリフェノールという成分をご存知でしょうか? 植物の色素や渋み、苦みの元になる成分の総称で、五千種類以上が存在するといわれています。

体内に摂取すると様々な健康効果が得られるため注目されている成分です。 赤ワインに含まれているポリフェノールが健康に良いとされ、世間でポリフェノールの知名度が高まりました。

実際に高い健康効果があるポリフェノールですが、青汁にもポリフェノールが含まれています。 それぞれ原料の違いによって含まれているポリフェノールも変わります。

青汁の代表的な原料であるケールの青汁にはイソチオシアネートやケルセチンが含まれています。 イソチオシアネートには殺菌作用があり、ケルセチンにはインスリンの過剰分泌を抑えて血糖値を下げる効果があります。

明日葉の青汁にはカルコンという明日葉特有のポリフェノールが含まれています。 カルコンには体内の老廃物の排出を促す作用があります。

そして大麦若葉の青汁にはフェルラ酸などのポリフェノールが含まれています。 フェルラ酸は脳細胞の修復効果が認められる成分です。

この様に代表的な青汁の原料を使用した青汁から、それぞれの原料に含まれるポリフェノールを摂取することが出来ます。

そして抹茶など緑茶を配合した青汁はカテキンという消臭効果や殺菌作用のあるポリフェノールも含まれています。 ご自身の求める効果を持つ青汁を選び飲むことで目的の効果が期待出来ます。

また、全てのポリフェノールには高い抗酸化作用があります。 抗酸化作用とは活性酸素を除去する作用のことです。

活性酸素とは体内で生成された細菌など外部からの敵から体を守る成分なのですが、ストレスや乱れた食生活、過激な運動などで過剰に発生してしまいます。

過剰に発生した活性酸素は自身の細胞も傷付けてしまい、病気や老化の原因になってしまいます。 ポリフェノールはこの余剰な活性酸素を除去してくれるのです。

現代社会において、過剰なストレスにさらされない環境を作ることは難しいといえるでしょう。

そこで、積極的に抗酸化作用を持つポリフェノールを含む食品を普段から摂る様に心掛けたいものですが、青汁は手軽にポリフェノールをはじめ、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの植物性の栄養素を摂取出来る優れた食品といえます。