青汁に含まれるカリウムと腎臓機能

青汁にはカリウムという栄養素が含まれています。 カリウムとはミネラルの一種で体内でナトリウムの排出を促す働きがあります。

体内でナトリウムの量が増えすぎるとカリウムが働き、余分なナトリウムの排出を促します。 ナトリウムが排出される際にカリウムも排出されるのですが、カリウムの排出には腎臓が関わっています。

腎臓機能が正常に働いていればカリウムは速やかに排出されるのです。 このカリウムの働きによって、私たちの体はナトリウムの量を一定に保つことが出来るのです。

カリウムは体内でリンやカルシウムと共に最も多く存在するミネラルとして知られています。 カリウムはバナナや海苔など身近な食品にも含まれているため摂取自体は難しい成分ではありません。

そして青汁にもカリウムは含まれています。このカリウムの効果には、むくみの解消効果があります。 ナトリウムを摂り過ぎると体はナトリウムの濃度を下げようと水分を取り込もうとします。 この水分が血管壁を膨らませたり、リンパ液を薄めるためにむくみとなって表れます。

カリウムを摂取すると必要な量以外は腎臓の働きで汗や尿と共に排出されます。 その際にナトリウムもカリウムと同量排出されてゆきます。 そのため体内のナトリウムの量が正常化してむくみも解消するというわけです。

またナトリウムの摂り過ぎが原因で起こる高血圧もカリウムの摂取による余分なナトリウムの排出によって軽減される効果もあります。 この様に正常に腎臓機能が働いている人はカリウムを日々の食生活で摂取すべきです。

カリウムは青汁にも含まれていますから、青汁を毎日飲むことでカリウムを摂取することが出来るのです。

ただし、腎臓機能に問題がある方には注意が必要です。 腎臓に問題がありカリウムの排出がうまく出来ない場合、摂取したカリウムを体が排出出来ずにどんどん溜ってしまいます。

そうすると不整脈や脱力感を引き起こす高カリウム血症を発症することもあるため、腎臓機能に問題がある方は医師の指導を受けて青汁を飲むようにしましょう。

健康な方は普段から青汁を飲むことで体内のナトリウムとカリウムのバランスがとれ、高血圧やむくみの予防などの効果も期待出来ます。毎日の食生活に青汁を取り入れ、健康な体作りに役立ててゆきましょう。