青汁で作る美味しいスープ

普段飲んでいる青汁にひと工夫加えると、美味しい青汁スープを作ることが出来ます。 美味しいスープとして青汁の栄養を摂ることが出来るのでおすすめの飲み方になります。

ひとくちに青汁スープといっても色々な種類がありますので、様々な青汁スープを作ることが出来ます。

青汁を使用してスープを作る場合におすすめの青汁は粉末タイプの青汁です。 粉末タイプを使うことでスープ自体の味を薄めることなく青汁スープを作ることが出来るからです。

作り方もとっても簡単です。普段作っているスープに青汁粉末を混ぜるだけで出来上がります。 例えば温かくて美味しいコーンスープに青汁粉末を混ぜると、美味しい青汁コーンスープが出来上がります。

温かいスープには青汁を水に混ぜるよりも混ぜやすくよく混ざります。 この作り方は他のスープにも応用出来ます。

例えば中華風のスープに混ぜても美味しく青汁を頂くことが出来ます。 スープ自体の味がしっかりとあるので青汁の味をうまく包み込み、青汁が苦手な方にも美味しく飲んでもらえるでしょう。

そして日本の代表的なスープといえば味噌汁。青汁はこの味噌汁にも合うのです。 味噌汁は味噌を材料に作る日本の伝統食ですが、必須アミノ酸がすべて含まれており、健康な体作りに最適な飲み物です。

必須アミノ酸は人体を構成する大切な成分ですが、体内で合成することが出来ません。 そのため食事から摂り入れる必要があるのですが、味噌汁を飲むことで簡単に摂取することが出来るのです。

また味噌汁は、味噌汁に入れる具によっても摂取出来る栄養素を変えることが出来、色々な具との組み合わせで摂り入れたい栄養素を摂取することが出来るのです。 例えば豆腐の味噌汁でしたら大豆の持つ植物性のタンパク質を摂取することが出来ます。

先ほどお伝えしたように味噌汁に青汁粉末を混ぜると、味噌汁の持つ必須アミノ酸と共に青汁の持つ植物性の栄養素を同時に摂ることが出来るのです。 青汁に含まれている食物繊維は整腸効果があり、青汁と味噌汁の栄養を効率よく吸収出来るように腸の働きを高めてくれます。

またクロロフィルが持つコレステロールを下げる効果や、体内の有害ミネラルを排出するデトックス効果も期待出来ます。 青汁や味噌汁を単体で摂取しても高い健康効果が期待出来ますが、一緒に飲むことにより美味しく飲めて更に高い健康効果を望むことが出来るのです。

青汁と味噌汁、コーンスープなどの飲み物で作る美味しい青汁入りのスープをおすすめします。