青汁で身体のむくみがスッキリ

身体がむくんでいると、太っている訳ではないのに太って見えてしまいます。 女性の大敵ともいえるむくみですが、青汁を普段から飲むことでスッキリと解消することが出来ます。

そもそもむくみの原因とは何なのでしょうか?

むくみは血行が悪くなると体内の余分な水分の排出が上手く行われなくなるために起こります。 人により血行が悪い箇所は様々ですので、むくみの出る箇所も様々です。

また、塩分の取り過ぎもむくみの原因になります。 体内へ摂取した塩分はナトリウムへ返還されますが、体内のナトリウムの濃度が高くなり過ぎると体はナトリウムの濃度を下げようと水分をため込みます。 これがむくみになるのです。

青汁を飲むことでこのむくみが改善されるのですが、青汁のどの様な成分がむくみに対して有効なのでしょうか?

まずはビタミンEが挙げられます。 ビタミンEには毛細血管を広げる働きがあり、血流の流れを改善する効果があります。

また、ビタミンEは強力な抗酸化作用があり、コレステロールや脂質の酸化を防いでくれるので、酸化したコレステロールや脂質が血液をドロドロにすることを抑えてくれます。 これらの作用によって血流が良くなると余分な水分がスムーズに排出され、むくみが改善されるのです。

また、塩分の取り過ぎによるむくみにも青汁は有効です。 塩分の取り過ぎによるむくみに有効な青汁の成分は、カリウムです。

カリウムとナトリウムの体内でのバランスが取れている時は問題ないのですが、塩分の取り過ぎでカリウムとナトリウムのバランスが崩れると、身体は水分をため込みカリウムとナトリウムの濃度を一定に保とうとします。

そのため余剰な水分が原因でむくみとなって表れるのですが、青汁を飲むことでカリウムを摂取すると塩分の取り過ぎで増えすぎたナトリウムを排出することが出来ます。 結果として身体は水分をため込む必要がなくなり、むくみが解消されるというわけです。

ただし、長期間むくみの症状が続いている場合は腎臓や心臓が弱っている可能性もあります。 その疑いがある方は医師に相談した方がよいでしょう。

むくみに効果的な青汁ですが、薬と違い普段から飲み続けることにより体質を改善してゆくので、普段から青汁を飲み続けることがむくみの予防や改善につながります。