青汁に含まれるビタミンKとワーファリン(ワルファリン)

ワーファリンというお薬をご存知でしょうか? 一般名ではワルファリンとも呼ばれています。

この薬は抗凝固薬として作用します。 そのため服用すると血管内で血液が固まることを防ぐ作用があります。

その作用は強く、医師による的確な処方が必要となります。 ワーファリンを用いて治療や予防をする病気には脳卒中や心筋梗塞があります。

これらの病気は血管内で血液が固まり血栓や塞栓が出来て血液の流れを阻害することが原因で起こりますが、ワーファリンの血液を固まらなくする作用を用いてその治療に使います。

そしてこのワーファリンの血液を固まらなくする作用を阻害する成分がビタミンKになるのです。 そのためワーファリンを服用している人はビタミンKが多く含まれる納豆や青汁の摂取を医師より止められるのです。

また、青汁の原料の中でケールを使用した青汁にはビタミンKの含有量が少ないといわれていますが、ワーファリン服用者は医師のアドバイスの元に飲用するかしないかを判断するようにしましょう。

ワーファリンを服用する必要のない人にはビタミンKの摂取は健康維持に有効です。
ビタミンKには傷口から出血する血液を必要分だけ凝固させて止血する効果や、骨にカルシウムを取り込む働きを助けたり、骨からカルシウムが溶け出すことを抑える働きがあるからです。

ワーファリンを服用している方には飲用を止められる青汁ですが、青汁には脳卒中や心筋梗塞の原因物質である血栓を作る原因のひとつである動脈硬化を予防する効果があります。
動脈硬化とは動脈にコレステロールが溜り、動脈が硬くなったりプラークと呼ばれるこぶが出来て動脈が狭くなる状態のことです。

その状態の動脈が何らかの刺激で傷つくと血小板で動脈内にかさぶたが出来ます。 このかさぶたが血栓と呼ばれるもので、大きな血栓の塊や沢山の血栓が出来ると血液の流れを止めてしまいます。
そのため血液が止まった先の組織に栄養や酸素が届かずその先の細胞が死んでしまい脳卒中や心筋梗塞といった大きな病気に繋がることがあるのです。

青汁を飲むと、青汁に含まれる水溶性食物繊維がコレステロールを原料に作られる胆汁酸の排出を促します。 胆汁酸とは脂肪を溶かすための消化液のことです。

水溶性食物繊維の働きで胆汁酸の排出が促進されると、体は新たな胆汁酸の原料を血液中のコレステロールでまかなうことになり、結果として血液中のコレステロール値が下がり、動脈硬化を予防出来るのです。

青汁を普段から飲むことにより、動脈硬化や心筋梗塞にならない健康な血管を維持出来るのです。 さらに普段の食生活をバランスのとれたものに変え、適度な運動をして質の良い睡眠をとることを心掛けることにより、青汁の効果を大きく引き出すことが可能となるでしょう。